FC2ブログ

革命音楽館

까마귀야 시체 보고 울지 말아

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

【訃報】ソル・ミョンスン氏、死去

solmyungsun.jpg


「金正日将軍の歌」や、「金正日同志は我等が最高司令官」の作曲者として知られるソル・ミョンスン氏の死去が確認されました。
以下の記事は2012年7月22日の労働新聞ものです。

조선인민군 최고사령관 김정은동지께서
고 설명순동지의 령전에 화환을 보내시였다


조선인민군 최고사령관이신 경애하는 김정은동지께서는 김일성상계관인이며 로력영웅,인민예술가인 조선인민군협주단 작곡가 설명순동지의 서거에 깊은 애도의 뜻을 표시하여 21일 고인의 령전에 화환을 보내시였다.

朝鮮人民軍最高司令官、金正恩同志が、
故ソル・ミョンスン同志の霊前に花輪を送られた。


朝鮮人民軍最高司令官であらせられる敬愛する金正恩同志におかれては、金日成桂冠詩人であり、労力英雄、人民芸術家である朝鮮人民軍協奏団作曲家、ソル・ミョンスン同志の死去に深い哀悼の意を表し、21日、故人の霊前に花輪を送られた。


「ネナラ」に掲載されている、ソル・ミョンスン氏の紹介記事を翻訳したものを掲載します。
※今回のニュースを受けて、没年を書き加えたものを掲載。

설명순(1936. 5. 25-2012. 7. ?) 작곡가.
평양시 동대원구역 신리동(현재)의 막로동자의 가정에서 출생하였다.
광복후 중학교를 마치고 주체42(1953)년 조선인민군에 입대하였다. 음악에 남 다른 취미를 가지고 중학시절에 예술소조활동에 적극 참가하였던 그는 군사복무기간 군부대산하 선전대에서 연주가로 활동하면서 작곡법과 음악리론을 자습하였다.
김일성주석과 김정일령도자의 크나큰 정치적신임과 사랑에 의하여 주체49(1960)년부터 주체82(1993)년까지 조선인민군협주단에서 작곡가, 작곡실장, 창작담당부단장, 단장 등으로 활동하였다.
그는 병사시절에 군인들의 락천적인 전투훈련생활을 반영한 가요 《가마마차 달린다》(1960년)를 창작하여 주석의 높은 평가를 받은 때로부터 시작하여 30여년간의 창작생활과정에 《초병은 수령님께 뜨거운 인사를 드립니다》(1962년), 《초소에 수령님 오셨네》(1968년), 《노래하세 대홍단》(1975년), 《충성의 대답소리 알았습니다》(1975년), 《군민의 정을 담아 발동소리 울려 가네》(1976년), 《언제나 수령님을 우러러》(1977년)를 비롯한 사상예술성이 높은 명곡들을 수많이 창작하였다.
또한 김정일령도자의 현명한 령도밑에 힘있게 벌어진 《피바다》식 혁명가극 창조사업에 참가하여 혁명가극 《당의 참된 딸》중에서 《간호원의 붉은 정성》, 《수령님의 품속에서 영생하리라》, 혁명가극 《밀림아 이야기하라》중에서 《홀로 핀 진달래》, 혁명가극 《금강산의 노래》중에서 《잊지 못할 지난 날 싸움의 날에》를 비롯하여 혁명가극 《밝은 태양아래에서》의 기둥노래들을 훌륭히 창작하여 가극혁명의 성과적수행에 적극 이바지하였다.
그는 민족가극 《춘향전》창조사업에도 참가하여 《옥중가》, 《리별가》 등 기둥노래들을 창작하였다.
뿐만아니라 그는 《당중앙의 불빛》(1980년), 《꿈같이 황홀한 창광거리》(1980년), 《꽃》(1981년), 《보람찬 병사생활》(1987년), 《친애하는 그이는 우리와 함께》(1988년)와 같은 명곡들을 훌륭히 창작하였다.
특히 그는 김정일령도자를 높이 모시고 주체혁명위업을 끝까지 완성하려는 우리 인민의 한결같은 념원을 반영한 영생불멸의 혁명송가 《김정일장군의 노래》를 21세기 태양찬가로 훌륭히 창작하였다.
깊은 서정과 힘찬 기백, 현대적인 민요적양상의 특징으로 하여 그의 노래들은 우리 인민과 인민군 군인들의 열렬한 사랑을 받고 있다.
그는 《김일성상》계관인이며 인민예술가(1978년)이다.

ソル・ミョンスン(1936. 5. 25-2012. 7. ?) 作曲家。
平壌市東大院区域新里洞(現在)の肉体労働者の家庭で出生した。
光復後、中学校を修め、主体42(1953)年、朝鮮人民軍に入隊した。音楽に特別な興味を持ち、中学時代に芸術小組活動に積極的に参加した彼は、軍事服務期間、軍部隊傘下の宣伝隊で演奏家として活動し、作曲法と音楽理論を自習した。
金日成主席と金正日領導者の大きな政治的信任と愛により、主体49(1960)年より主体82(1993)年まで朝鮮人民軍協奏団で作曲家、作曲室長、作曲担当部団長、団長などとして活動した。
彼は兵士時代に軍人らの楽天的な戦闘訓練生活を反映した歌謡「釜馬車、走る」(1960年)を創作し、主席の高い評価を受けた時から始まり、30余年間の創作活動の過程で、「哨兵は首領様に暖かい挨拶を捧げます」(1962年)、「哨所に首領様お越しになった」(1968年)、「歌えよ大紅湍」(1975年)、「忠誠の応答の声、了解しました」(1975年)、「軍民の情を込め、発動機の音は響き渡る」(1976年)年、「何時も首領様の仰ぎ」(1977年)を始めとする思想芸術性の高い名曲を数多く創作した。
また、金正日領導者の賢明な領導の下に力強く繰り広げられた「血の海」式革命歌劇創造事業に参加し、革命歌劇「党の真なる娘」より「看護員の紅き真心」、「首領様の懐に永生せん」、革命歌劇「密林よ、語れ」より「独り咲いたつつじ」、革命歌劇「金剛山の歌」より「忘れられぬ過ぎし日の戦いの日に」を始めとし、「明るき太陽の下に」の柱となる歌の数々を立派に創作し、歌曲革命の成果的遂行に直接的に貢献した。
彼は民族歌劇「春香伝」創作事業にも参加し「獄中歌」、「離別歌」等、柱となる歌を創作した。
それだけでなく、彼は「党中央の灯」(1980年)、「夢のように心を奪われる蒼光通り」(1980年)、「花」(1981年)、「やりがいに満ちた兵士生活」(1987年)、「親愛なる彼は我等と共に」(1988年)のような名曲の数々を立派に創作した。
特に、彼は金正日領導者を高く仰ぎ、主体革命偉業を最後まで完成させようとする人民の一途な念願を反映した永生不滅の革命頌歌「金正日将軍の歌」を21世紀の太陽賛歌として立派に創作した。
深い叙情と力に満ちた気迫、現代的な民謡的様相を特徴とし、彼の歌の数々は我が人民と人民軍軍人らより熱烈に愛されている。
彼は「金日成賞」桂冠詩人であり、人民芸術家(1978年)である。


このように数々の名曲を創作してきただけでなく、「革命歌劇」の創作にも非常に大きな役割を果たしていて、1997年には"永生不滅の革命頌歌"、「金正日将軍の歌」を作曲しています。
また、2003年には「ソル・ミョンスン音楽会」が開かれ、2006年の70歳の誕生日には金正日総書記より「生誕70周年賞」を受賞していて、まさに「共和国音楽界の元老」の一人と言えます。
突然のニュースに驚きました。心より哀悼の意を表します。

-参考-

【訃報】ソル・ミョンスン氏死去
朝鮮労働党万歳! 2012年7月27日

朝鮮の才能ある創作家、芸術家たち ソル・ミョンスン(조선의 재능있는 창작가 예술인들 설명순)
ネナラ(내나라)

「釜馬車、走る」の作曲家、ソル・ミョンスンの音楽会(《가마마차 달린다》의 작곡가 설명순의 음악회)
労働新聞(로동신문) 2003年11月17日

「釜馬車、走る」の作曲家、ソル・ミョンスンに生誕70周年賞(《가마마차 달린다》의 작곡가 설명순에게 생일70돐상)
労働新聞(로동신문) 2006年5月26日
スポンサーサイト

| その他 | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【書籍紹介】世界軍歌全集


世界軍歌全集―歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代世界軍歌全集―歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代
(2011/12)
辻田 真佐憲

商品詳細を見る


世界各国の軍歌を集めに集めた待望の軍歌界の聖典。
著者はあの有名な「西洋軍歌蒐集館」の管理人氏。
翻訳された曲数の数はもちろん、詳細な解説や興味深いコラムなどもあり、軍歌界の貴重な資料です。
日本以外の軍歌に興味のある初心者の方には、良きガイドブックにもなるでしょう。
ぜひ第二弾を出して欲しいです。

軍歌愛好者にとって記念すべき発売日にツイッターアカウントも開設し、その次の日に通販で頼んでいたこの本がジュンク堂より到着。
念願のフランス軍歌「進発の歌」、「ラ・カルマにヨール」、「サ・イラ」の訳を見れたことと、北朝鮮軍歌の訳を見れたことで感無量でした。
北朝鮮軍歌は、「遊撃隊行進曲」や「金日成将軍の歌」、「人民共和国宣布の歌」などが収録されています。

| その他 | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |