FC2ブログ

革命音楽館

까마귀야 시체 보고 울지 말아

<< 2014-03- | ARCHIVE-SELECT | 2014-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

わたしの妹の質問に答えました

わたしの妹の質問に答えました
내 동생 물음에 대답했지요

作詞:キム・スンギル(김승길)
作曲:キム・ビョンス(김병수)
創作年度:1985年


23:40~

다섯살난 내 동생 옥이가 문뜩엉뚱하게 물어보겠죠
언니야 당이란 무슨 말이나 두눈 깜빡깜빡 물어보겠죠
아이 참말 이걸 어쩌나 한없이 위대한 당이란 말
어떻게 한마디로 말할가 철없는 옥이에게 설명해주나

五つになるわたしの妹、オクがふといきなりたずねてきたんです。
「お姉ちゃん、党ってなんのこと?」目をぱちぱちさせてたずねてきたんです。
ああ、ほんとどうしよう、限りなく偉大な党って言葉、
どうやって一言で話せばいいんだろう、この分別のないオクに説明してあげればいいんだろう。

대답만 기다리는 동생을 나는 품에 안고 물어 보았죠
옥이야 고운 옷 누가 주셨니 예쁜 리봉 팔랑 누가 주셨니
내 동생 방울목소리 또랑또랑 울리는 방울목소리
아버지원수님 주셨지요 지도자선생님 주시였지요

答えだけを待つ妹に、わたしはだっこしてたずねてみました。
「オク、きれいな服は誰か下さったの?かわいいひらりとしたリボン、誰が下さったの?」
わたしのいもうとは鈴のような声で、ちりんちりんと響く鈴のような声で、
「父なる元帥様が下さったよ、指導者先生が下さったんだよ。」

옳지 옳지 네 말이 옳아 우리 행복 앞날도 꽃 피워 주는
당이란 아버지원수님 당이란 지도자선생님이죠

「そうよ、そう、オクの言ってることが正解。わたしたちの幸せをこれからも花さかせてくれる、
党という父なる元帥様、党という指導者先生なのよ。」

당이란 그 뜻이 무언지 우린 모두모두 알았답니다
아버지원수님 세워 주시고 지도자선생님 빛내시는 당
아 해빛같이 찬란히 빛나는 은혜로운 당
우리모두 천만년 받들어 영원히 대를 이어 따르렵니다

党というその意味がなんなのか、わたしたち、みんなみんなわかったんです。
父なる元帥様が建てて下さり、指導者先生が輝かせておられる党。
ああ、日差しのように燦々と輝く慈しみ深い党。
わたしたちみんな、千万年戴いて、永遠に代を継ぎ従います。
スポンサーサイト

| 音楽 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

我らの前途は明るい

我らの前途は明るい
우리 앞날 밝다

作詞,作曲:ファン・ジンヨン(황진영)
創作年度:1993年



힘차게 발을 맞춰 우리는 나간다 발구름 높이
승리의 신심 넘쳐 더 높은 곳으로
나가는 사회주의 우리의 앞길을
그 누구도 막지 못하리
찬란한 향도의 태양 비쳐 우리 앞날 밝다

力に満ちて、足取り合わせ、我らは進む、足音高く、
勝利を信じる心に満ちて、さらに高きところを目指して。
進む社会主義、我らの前途を、
誰も遮ることはできない。
燦爛たる嚮導の太陽に照らされ、我らの前途は明るい。

곤난이 막아서도 웃으며 맞받아 뚫고나가는
무궁한 우리의 힘 산악도 옮기리
나가는 사회주의 우리의 앞길을
그 누구도 막지 못하리
찬란한 향도의 태양 비쳐 우리 앞날 밝다

困難が立ちはだかるとも、笑って立ち向かい突き進む、
無窮なる我らの力、山をも動かすだろう。
進む社会主義、我らの前途を、
誰も遮ることはできない。
燦爛たる嚮導の太陽に照らされ、我らの前途は明るい。

수령 당 대중이 하나로 뭉쳐진 단결의 나라
긍지와 자랑 안고 세계를 향하여
나가는 사회주의 우리의 앞길을
그 누구도 막지 못하리
찬란한 향도의 태양 비쳐 우리 앞날 밝다

首領、党、大衆が一つに結んだ団結の国、
矜持と誇りを抱いて、世界を目指して。
進む社会主義、我らの前途を、
誰も遮ることはできない。
燦爛たる嚮導の太陽に照らされ、我らの前途は明るい。

| 音楽 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

一つ星(ハンビョル)の精神抱いて

一つ星(ハンビョル)の精神抱いて
(芸術映画"朝鮮の星"より)
한별의 정신 안고

作詞:リ・ジョンスン(리종순)
作曲:ソン・ドンチュン(성동춘)
創作年度:1982年



가야할 곳은 멀고도 먼데 낯설은 산엔 폭풍치네
돌아오지 못한다해도 청춘의 영예는 그곳에 있다
한생을 고스란히 인민위해 바치여 가는
한별의 정신 가슴에 안고 아득한 그 길 찾아가네

往くべきところは遥か遠くに、見知らぬ山には嵐吹く。
帰ることはできなくとも、青春の栄誉はそこにある。
一生をみな全て、人民の為に捧げゆく、
一つ星(ハンビョル)の精神、胸に抱いて、遥かなるその道、求めゆく。

혁명의 길은 준엄하여도 겨레의 소원을 잊을소냐
눈보라는 울부짖어도 투사의 심장엔 피가 끓는다
한생을 고스란히 인민 위해 바치여 가는
한별의 정신 가슴에 안고 결사의 싸움 벌리리라

革命の道は峻厳なるとも、同胞の願いを忘れられようか。
吹雪は吹きすさぶとも、闘士の心臓には血が沸きたつ。
一生をみな全て、人民の為に捧げゆく、
一つ星(ハンビョル)の精神、胸に抱いて、決死の戦い、繰り広げん。

| 音楽 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

解放の歌

解放の歌
A feszabadulás dala

作詞:不明
作曲:不明
創作年度:不明



Indulj az útra és vissza se nézz.
Múltad a fájó, bús ezer év.
Rád ragyog végre a fényteli nap,
Boldogan, vígan zengd hát e dalt.

この道を進め、決して振り返るな。
過去の千年は辛く、悲しみに満ちていた。
最後には、君は日に照らされ、
幸せに、朗らかに、この歌は響き渡ることだろう。

Április négyről szóljon az ének,
Felszabadulva zengje a nép.
Érctorkok harsogva zúgják a szélnek,
Felszabadítónk hősi nevét.

四月四日は歌を伝える、
解放された人民の歌声を。
喉を震わせ、風に叫べ、
英雄的な解放者の名を。

Dörgött az ágyú és zúgott a gép,
Vérzett a föld és zengett az ég,
Győzött a szovjetek hős serege,
Századok könnyét így mosta le.

大砲を響かせ、エンジンを唸らせ、
大地を血に染め、空に雷を轟かせ、
勝利したソヴィエト陸軍の英雄達は、
涙の時代を終わらせたのだ。

Április négyről szóljon az ének,
Felszabadulva zengje a nép.
Érctorkok harsogva zúgják a szélnek,
Felszabadítónk hősi nevét.

四月四日は歌を伝える、
解放された人民の歌声を。
喉を震わせ、風に叫べ、
英雄的な解放者の名を。

※ハンガリーの革命歌。例によって歌詞の意味知りたい衝動で訳したものなので、あまり自信はありません。

| 音楽 | 02:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |